DMMFXで1lotの取引をしてみる(ログイン~入金~取引~出金)

ログイン

トップページ左側のログインをクリックします。

http://fx.dmm.com/fx/

 

ログインIDとパスワードを入力し、ログインをクリックします。

 

FX取引ツールの選択です。

他のツールでもいいのですが「DMMFXPLUS」を使用してみます。

「DMMFXPLUS」をクリックしましょう。

 

取引ツールの画面が開きます。

 

入金

左上のメニュー→クイック入金をクリックします(ネットバンク)。

 

金融機関を選択し、入金額を入力して確認をクリックします。

 

金融機関と入金額に間違いがないか確認し、実行をクリックします。

 

指定した金融機関のサイトへ移動しますので、入金の手続きを行います。

入金手続きが完了すると右上の純資産のところに入金した金額が表示されます。

 

取引前に損切設定

素早く往復の取引を済ませれば大きな損得の変化はありませんが、万が一決済ができなくなってしまったら大損する可能性もあるので、損切設定を行うことをオススメします。

損切設定しておけば、設定した金額まで下がった場合、自動的に決済してくれます。

設定・その他→注文共通設定をクリックします。

 

損切にチェックを入れ、数字を50に設定し、設定終了をクリックします。

※50=5pipsが最小の設定となります。50以下には設定できません。

 

 

↓ここの部分が 損切:5.0pips となっていれば、損切設定完了です。

これでなんらかの理由で大きく値下がっても勝手に決済してくれるので、ドル円1lot取引の場合、最大でも500円くらいの損失で済みます。

 

ドル円1lotの取引を行ってみる

「USD/JPY」、注文タイプは「ストリーミング」、数量(lot)は「1」になっているか確認します。

初期設定のままならこの通りなのですが、間違ってないか必ず確認しましょう。

買Ask売Bid のボタンをクリックすると取引が確定します

買Askをクリックしてみます。

 

 

画面下の「ポジション照会」に、取引した内容が記載されていれば無事に取引ができたということです。

この状態のままでいると、相場の動きに応じて損得が発生します。

売りたい場合はクイック決済をクリックします。

 

 

確認画面が表示されますので、クイック決済実行をクリックします。

 

これで決済が完了です。

ポジション照会の画面にデータが残っていないか確認しましょう。(残っていれば決済されていません)

 

以上でドル円1lotの売買は完了です。

 

 

取引した内容を確認するには、メニュー→約定履歴をクリックします。

 

取引が確定した履歴が表示されます。

 

出金

左上のメニュー→出金予約をクリックします。

 

出金する金額を入力し、確認をクリックします。

 

出金額に間違いがないか確認し、実行をクリックします。

 

これで出金予約完了です。

2日後には自分の口座に振り込まれていました!

   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る