今までの人生のなかで忘れられない言葉「うまくやってくれよ」

かなり昔のことですが、私が以前に勤めていた職場でのことです。

当時私の担当していた仕事でかなり難しい問題が発生しまして、社会的に地位のあるお偉いさんたちの板挟みになってしまいました。

そもそも最初から難題ということは他の同僚もわかっておりましてみんな逃げ腰。

押し出されるように、一番下っ端の私が対応しておりました。

下っ端の自分ではどうにもならないと判断した私は所属長に相談したのですが・・・、

もの凄い渋い顔でひと言。

 

「まぁ、うまくやってくれよ」

 

「えええええー!」ですよ。

(うまくやれねーから相談してんだし、下っ端が対応できる相手じゃねーだろ!!)

と心の中で思っていました。

 

結局どーにもなるわけなく、相手はカンカンに怒り、結局組織のトップが対応しかなり大変だったようで・・・。

私は所属長の更に上司に呼び出され

「なんでこんな大事なこと言わないんだ!」

とメチャメチャ怒られる始末。

所属長はその後責任をとって(?)異動になったのですが、異動になった部署でも所属長!

数年後の定年退職まで勤められました。

 

いやー、凄い人だった。

ある意味尊敬できるわ。

 

この時思いましたよ、要領よくなくちゃ社会ではやっていけないんだなと。

 

そんな私も年を重ね、たまには相談されるようなことも(ホントたまにですよ)あるのですが、難しい(面倒くさい)問題を持って相談しに来てくれる後輩に対して

「まぁ、うまくやってくれよ」

なんてとても言えねぇ・・・。

 

結局自分は要領よくない人間なのだとつくづく思う今日この頃です。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る