つみたてNISAとはおすすめな制度なのか?金融庁指定の対象商品は100以上!

近年政府はNISAやiDeCoといったように税金面を優遇して「貯蓄から投資へ」ということを推奨しています。

そして2018年1月からは「つみたてNISA」という新たな非課税制度が始まります。

では「つみたてNISA」とは何なのか?

できるだけわかりやすく説明してみたいと思います。

つみたてNISAとは?

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

引用:金融庁

 

投資信託が対象

国によって、長期・積立・分散投資に適していると判断された投資信託がつみたてNISAの対象商品となります。

つみたてNISA対象商品(金融庁ホームページより)

 

利益に対して非課税

通常、投資信託などで得た利益には約20%の税金がかかります。

例えば投資信託で1万円の利益がでたら、約2000円は税金として引かれるので、実質は約8,000円の儲けとなります。

つみたてNISAならば、この利益に対する税金が20年間非課税となります。

投資可能期間:最大20年(2018年~2037年)

 

毎年40万円まで積立できる

非課税投資枠:毎年最大40万円(毎月約3.3万円)

20年×40万円で最大800万円まで積み立てていくことができます。

年間に積立できる金額は40万円までですが、20年間続けることができます。

毎月コツコツ長期運用での資産形成を目指す方に適した制度だと言えると思います。

(証券会社によっては最低月100円から積み立てることも可能です)

 

忙しい人にもおすすめな積立購入

1ヶ月に1回など、定期的・継続的に積み立てる方法に限定されています。

投資信託は値段が上がったり下がったりするので、どのタイミングで買ったらいいのか判断するのが難しいです。

高い時に買って下がってしまったら…と思うとなかなか手が出ません。

考え出したらいくら時間があっても足りません・・・。

 

積立投資なら価格が高い時には少なく、逆に安い時には多く購入するので、購入するタイミングに悩むことなく運用できます。

しかも毎月設定した金額を自動的に購入してくれるので、忙しい人でもほったらかしで運用することができます。

図は金融庁より引用:金融庁

 

つみたてNISAの注意点

元本保証ではない

投資信託は元本保証ではありません。

つみたてNISAはリターンもリスクも少なめの商品が対象となっていますが、100%の確率でプラスになるわけではありません。

つみたてNISAは利益での税金が非課税になります。

つまり利益がでなければ、つみたてNISAでの税制優遇は受けられません。

ただし20年という長期間での積立投資ですので、歴史的にみても損することはないと個人的には思っています。

 

NISAと併用できない

現行のNISAとは併用できないので、どちらかを選ばなくてはなりません。

NISAの非課税枠は年間120万円、非課税期間は最長5年です。

NISAでしたら一部の投資信託だけではなく、株にも投資することができます。

短期間でより多くの金額を投資して大きなリターンを目指すのであれば、つみたてNISAより現行のNISAが向いていると思います。

 

翌年には繰り越せない

たとえば、2018年に30万円積立投資すると仮定しますと限度額は年間40万円なので10万円余ります。

しかし、この余った10万円は翌年に繰り越すことはできません。

翌年2019年も限度額は年間40万円となります。

 

つみたてNISAを始めるには

つみたてNISAを始めるためには、専用の口座を開設しなければなりません。

銀行や証券会社で開設できますが、金融機関によって扱っている商品が異なります。

特に銀行ですと、扱っている商品はかなり少ないですね。

購入する商品が決まっているのでしたら、その商品を扱っている金融機関で口座を開設なければならないので注意が必要ですね。

ちなみに私が現在利用している証券会社はSBI証券

私の妻が利用している証券会社は楽天証券


どちらの証券会社も「つみたてNISA」対象の多くの商品を取り扱っています。

 

また、SBI証券を含め自己アフィリエイトできる証券会社もありますので、口座に申し込むときには確認されることをおすすめします。

自己アフィリエイトとは?誰でも簡単にネットで稼ぐ方法

 

商品を選ぶときのポイントは?

つみたてNISAはご自分で購入する商品を選ばなくてはなりません。

しかし、100以上ある商品から選択するのも難しいと思います。

ですので、私なりに商品を選ぶポイントをまとめてみました。

手数料

投資信託を管理・運用してもらうには信託報酬と呼ばれる手数料を支払わなければなりません。

これはつみたてNISAにも当てはまります。

必ず支払わなければならないので、安い手数料(信託報酬)の商品を選ぶことがひとつのポイントだと思います。

 

どこに投資するか?

どの地域に投資しているのか、商品によって異なります。

投資先が日本だけの商品・先進国を中心とした商品・新興国だけが対象の商品、などさまざまです。

世界各地にバランスよく投資できる商品もありますね。

 

また、40万円という限度枠以内でしたら複数の商品で積み立てることも可能です。

例:毎月3万円積み立てるとして

商品Aに1万円、商品Bに1万円、商品Cに1万円という積み立て方も可能です。

 

つみたてNISAはやるべき?

ここからは完全にビビりな素人の考えなので、適当に読み飛ばしてください。

あくまで個人的な意見ですが、普通に銀行に預けているだけならば、つみたてNISAを絶対にやったほうがいい!と思います。

普通に大手銀行に預金しているだけでは利息は0.001%くらいです。

まったく増えないと言っても過言ではありませんね。

数年前に比べると、普通に買い物をしていても物価が高くなっていると感じるのは私だけでしょうか?

しかし、物価が高くなっているのに貯金利息は増えていません。

100円の商品が105円に値上がりしても、銀行に預けている100円は100円のままなのです・・・。

それに対して投資信託ならば、私の場合、今年はたまたまでしょうが約10%の利益がでています。

2008年のリーマンショックの時のように大きく値下がりするようなこともあるかもしれませんが、長期的に見れば世界は右肩上がりで経済成長を続けています。

20年間積立投資をすると考えると、元本を下回るということはないと考えます。

あるとしたら、世界がとっても大変なことになっていると思います・・・。

なので、投資信託自体をやったほうがいいと思っています。

そして、その投資信託で引かれる20%もの税金がなしになる「つみたてNISA」は更にお得だと思います。

 

どの商品を選ぶ?

で、私は実際どうするのかというと、

金融機関は今まで利用してきたSBI証券をそのまま利用しようと考えています。

(他に開設するのが面倒でもあるため・・・)

商品は世界全体に投資しているバランス型の商品を検討しています。

私は日本人なので日本に投資したい気持ちはあるのですが、少子高齢化がハイスピードで進むこの国が大きく成長していくとは考えにくいです。

ですので、日本を中心に投資するのは怖いですね・・・。

新興国も当たれば大きく利益が出そうですが、その分リスクも大きそうです・・・。

今後も経済の中心はアメリカだと思うので先進国中心の商品が堅実かとも思いますが、100%確実なわけではありません。

などなど考え出すと優柔不断なのでなかなか決められません・・・。

結局はリスクを分散するためにも、世界全体が対象となっている商品を選ぶと思います。

 

私は2018年から限度額いっぱいまでこの制度を利用する予定です。

どの商品を購入したのか?

運用益はどうなのか?

なども今後公開していきたいと思います。

2018年から始まったつみたてNISAってどの商品がいいの?私が選んだファンドは…

つみたてNISAの運用実績



     

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る