なぜ投資が必要なのか?銀行に預けているだけのリスク・資産運用の必要性について考える

堅実に貯金していれば投資なんか必要ない!って思いませんか?

預けたお金が保証されている銀行貯金とは違い、投資にはリスクがつきものです。

投資したことによって逆にお金が減ってしまうなんてこともあり得ますね。

なので、投資なんかしないで貯金してたほうが安全堅実とも思えます。

しかし、貯金が本当に安全堅実なのか?まずはそこから考えてみます。

インフレになると・・・

貯金してお金を使わなければ絶対に減らない!」

当たり前のことのようにも思えますが、インフレの場合は

「貯金だけではお金は減っていく!」

と私は考えています。

 

インフレとは物の値段(物価)が上がること。

デフレはその逆で物価が下がることですね。

 

では日本の物価は上がっているのか?ってことなのですが、

スーパーとかで買い物をしていても、全体的に高くなっている気がするのは私だけでしょうか?

自動販売機のジュースもいつの間にか1本130円くらいになっています。(消費税導入前は100円でした)

去年ディズニーランドに行ったときには

「パスポート代ってこんなに高かったっけ!?」

と驚きました。

調べてみたら10年前は5,800円だったのに現在は7,400円になっていました・・・。

先日お祭りに行ったときにも思ったのですが、私が子供だった頃は(いつの時代だ?)100円で買えたチョコバナナが今では200円が当たり前です。

切手やハガキだって徐々に値上がっています。

値段は変わらなくても、実は量が減っていたり(ティッシュ200枚入り→150枚入りとか)することだったよくあります。

このように絶対に物価は上昇していると私は感じています。

物価が上がるとお金は減る?

では、インフレになるとなんで「お金は減っていく」のか考えます。

銀行の利息は現在0.001%くらいです。

100万円を1年間預けていたって利息は10円なのです。

いや、預金利息にも20%の税金がかかるから8円ですね!

要するに銀行に預けているだけではお金は減りもしなければ増えもしない。

 

しかし、前述のように体感的に物価は上がっています。

まだ実現していないようですが日銀も物価上昇率2%が目標、なんて毎年いっていますね。

国が物価上昇を目指しているのです。

もし本当に毎年2%上昇したら、例えば

今は100万円の車が、1年後だと102万円になります。

銀行に100万円預けていても8円にしか増えません。

預けていた100万円では1年後には車が買えないのです・・・。

 

あくまで1つの例えですが、このように物価が上昇すればお金の価値はどんどん減っていってしまうのです。

なので私は、貯金をしているだけではお金の価値は時間が経過するごとに減っていくと思っています。

更には税金や社会保険料はじわじわと上がっていて実際の給料の手取り金額その分は少なくなっています。

だからこそ自分のお金を守るためにも投資による資産運用は必要だと考えています。

 

初心者におすすめな投資は?

投資と言ってもいろいろあります。

株、債券、投資信託、FX、不動産などなど、最近では仮想通貨も当てはまるでしょうか。

これらの中で私のような初心者でも一番簡単安全だと思うのが投資信託です。

証券会社によっては100円から投資することも可能です。

投資信託とは?ほったらかしでできる初心者にもおすすめな資産運用

投資信託は、預けたお金が全額保証されているわけではありません。

しかし投資に対して全くの素人だった私でも、世界的な金融危機が起こっても、長期的に見ればお金を増やすことができました。

投資信託を始めた途端にリーマンショック。でもほったらかしにしていたら・・・

昨年(2017年)に限ると約10%の含み益(売った場合の利益)が出ています。

普通に銀行に預けているだけならあり得ないくらいの数字ですね。

国も投資に有利な制度を作って、個人の投資を促してきています。

つみたてNISAとはおすすめな制度なのか?金融庁指定の対象商品は100以上!

これからは銀行へ預けているだけではなく、自分で資産を運用していく時代なんだなーとも思います。

投資は余剰資金で

ここまでいろいろと投資の必要性を語ってきましたが、投資はあくまで余剰資金で行うべきだと思います。

まー、この余剰資金がどのくらい?っていうのが人によって異なるので非常に難しいのですが・・・。

収入・資産・家族構成・どこまでリスクをとれるかなどによって全然違ってくると思います。

 

いろいろな地域を対象にして毎月コツコツ積立ていけば、長期的には歴史的に見ても少しずつ増えていくであろうと思いますが、かつて私がリーマンショックで経験したように一時的に30%以上も下落することがあるかもしれません。

そのようなときに耐えられるか?

が大事だと思います。

日常の生活資金までつぎ込んでいたら生活できなくなってしまう恐れがあります。

日々の値動きが気になり過ぎて他のことが手につかなくなるほど精神的にも良くないことでしょう。

 

なのであくまでも自分が我慢できる範囲内で私は投資信託を行っています。

自分はかなりビビりなのので2年分以上の生活費+数年以内に使う予定のあるお金は普通に銀行に預けています。

老後のために貯金しているお金など、当分の間使う予定のない資金で投資していこうと思っています。

2018年から始まったつみたてNISAってどの商品がいいの?私が選んだファンドは…

 

ダウ平均株価と日経平均株価の推移見てみると、上がったり下がったりを繰り返しています。

ダウ平均株価

日経平均株価

図はhttp://sekai-kabuka.com/より

このように一方的に上がり続けるなんてことはありません。

相場は常に上がったり下がったりを繰り返しています。

このような値動きに一喜一憂することなく、10年・20年先のことを考えて基本的にはほったらかしで運用することを考えています。

 

まとめ

私がなぜ投資を行っているか超ざっくり簡単にまとめると、

「将来のためにお金を増やしたいから!」

ということです。

銀行預金だとお金の価値が減っていく、しかし投資信託ならばお金が増える可能性が高い。

なので投資を行っています。

まだまだ私も勉強中ですが、目先のことではなく将来のために長期的な視点で資産運用を続けていこうと思います。



     

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る