NISAの運用実績 投資信託で3年間(2015~2017年)運用した結果

 

NISA

投資信託を始めた途端にリーマンショック。でもほったらかしにしていたら・・・

↑このことから本格的にやってみようと思った投資信託。

 

2014年からNISAという制度が始まっていることを知りました。

NISAとは?(金融庁ホームページより)

通常、株や投資信託で利益がでて売却すると約20%の税金がかかります。

NISAだと5年間この税金がかからずに運用することができます。

投資信託をやるならこの制度を利用しないと損だと思い、NISAをやってみることにしました。

NISA口座は1人1つしか開設することができません。

今までは保有していた投資信託は銀行で購入したものだったのですが、銀行よりネット証券のほうが手数料が安いし商品も豊富だったので新たに口座を開設しました。

ネット証券にもいろいろありましたが、私が選んだ証券会社はSBI証券

大手ですし口コミでの評判も良さそうだったので選びました。

2015年

購入商品:ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

投資額:100万円

投資信託の商品はたくさんあります。

テレビや新聞でも毎日報道されるので馴染みやすいかなーと思い、日経平均株価に連動するような商品を選択しました。

一時は10%くらい値上がったのですが、チャイナショックと呼ばれた時期にどんどん値下がっていきました。

NISAのメリットは利益に対する約20%の税金が非課税となることです。

逆に言えば、利益がでなければ意味がない・・・。

ここで利益を確定させておいて、その資金でまた来年のNISA枠を利用すればいいかなーと考え、売却しました。

売買が成立したときにはプラス4%くらいまで値が落ちてしまいましたが、4万円くらいの利益です。

本来だったらここから20%の税金が引かれるのですが、NISAのおかげで税金はなし!

2015年に初めて利用したNISAはプラス4万円という結果で終了しました。

2016年

購入商品:三井住友・日本債券インデックスファンド

投資額:120万円(現在も運用中)

前年は値動きを気にしてしまったこともあり、値動きのの少ない国内債券型の投資信託を選びました。

国内債券型にもいろいろあったのですが、信託報酬が安く純資産が多いこの商品を購入しました。

購入してから2年間放置していますが、現在(2018.2)のところ約プラス1万円

2年間で約0.8%、1年平均だと約0.4%ですね。

銀行に預けているよりはマシですけど・・・、

利益に対する税金が非課税となるNISAをうまく活用できたのかというと・・・、

うーん、運用する商品を間違えたかな。

(この年から120万円まで投資できるように制度が変わりました。)

2017年

購入商品:三菱UFJ国際-eMAXISバランス(8資産均等型)

投資額:120万円(現在も運用中)

国内・先進国・新興国にバランスよく投資された商品を選びました。

1年間運用してプラス約13万円11%の利益となりました。

2017年は市場全体的に好調だったための結果であり、毎年こんなに利益が出るとは思いませんが数年後どこまで伸びているか楽しみでもあります。

このまま5年間保有する予定です。

※現在は同じようなバランスでも、もっと信託報酬の低い商品があります。

2018年

つみたてNISAに変更しました。

2018年から始まったつみたてNISAってどの商品がいいの?私が選んだファンドは…

まとめと反省

引き続き運用中なので下がることもありえるのですが、3年間で18万円プラスとなっています。

NISAを利用していなければ、20%の36,000円くらい税金でとられる(売却した場合)ので、NISAという制度に感謝ですね!

 

しかし、自分の運用のやり方は失敗だったと思っています。

2015年は売却してしまったことが失敗。

目先の利益にとらわれ5年間運用できるということを疎かにしてしまいました。

増えた資産をさらに投資して複利の力を利用すれば、5年後にはもっと儲かる可能性が高いと考えられます。

(ちなみにこの商品を売らずに現在も保有していれば、20%以上価格が値上がっています・・・)

 

2016年は商品の選択を誤りました。

債券が悪いということではなくて「NISAには向いていない」と思います。

利益の20%の税金が非課税となる制度を活用するには多少リスクを追ってでも、もっと利益が出やすい商品を選んだほうがいいと思いました。

5年の期間があれば、値下がる年はあっても全体的には値上がると考えています。

 

これらの経験を踏まえて選んだ2018年のつみたてNISA。

20年という長期での運用となると、

・毎年の手数料(信託報酬)はできるだけ安くしたい

・リスクは分散のために多くの地域に投資したい

・債権は入れなくてもいい

というような考え方で選びました。

※あくまで個人的な考えです。

 

保有している投資信託が値下がったらどうする?2018年2月の株価暴落で思うこと

 



     

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る