定年まで働く自信がないから頑張る!冬季オリンピックの時期になると長野オリンピックのときには社会に出ていたことを思い出します。

いよいよ平昌冬季オリンピックが開幕ですね。

冬季オリンピックの時期になると、全く私事なのですが長野オリンピックの頃を思い出します。

1998年だから20年も前になるのですねー。

 

この年は、私が住んでいる地域では例年になく雪が多かった年でした。

普段は雪なんかあまり降らないので、とても驚いたことを覚えています。

 

この頃は仕事の都合上、車を運転しなければならないこともあり、しかも遠出することもありました。

元から運転が得意なわけでもないので、慣れない雪道、しかも知らない道での運転はメチャメチャ大変(もちろんノーマルタイヤ)。

事故を起こさなかったのは運が良かっただけと思えるくらいでした。

世間は日本開催のオリンピックで盛り上がっている最中でしたが、

「雪なんか大嫌い・・・、見たくもない!」

なんて私は思っていました。

今思えばたいしたことではないのですが、4年に1度の冬季オリンピックが始まるころになると、このときのことを思い出します。

 

ん?ということは、長野オリンピックが20年前だから私が社会に出て働き始めてからもう20年以上も経つのですねー。

人間関係が苦手な自分としては、よく20年以上も社会で働いてこれたと思います。

(あ、続けてないか、何度か転職していました・・・。)

 

でも普通に定年まで働くとしたら、まだ20年以上もあります。

働く期間が決まっているとしたら、ようやく半分くらいに差し掛かったところでしょうか。

 

今まで仕事をしていて、楽しかったこと・やりがいをを感じたこともありましたが、辛かったり嫌だなーと思うことのほうが圧倒的に多かったです。

 

あと20年以上もこんなことを続けていかなければならないなんて考えると、やっぱり長いですね。

続けられる自信はないです・・・。

 

だからこそ、ネットで稼いでいく必要性を感じています。

今は仕事や家庭の合間を縫ってやっているので時間も限られるしとても大変でもありますが、ブログをやっていて出会った方々とのやり取りはとても楽しく思います。

自分の記事やサポートが役に立つと思ってくれる人も世の中にはいる。

そう思うと続けてきて良かったと思うし、やりがいも感じます。

人から感謝されるって、自分が嬉しいですね。

 

まだまだちょっとした副業レベルですが、手ごたえも感じ始めてきております。

もしこちらのほうが本業になったら・・・

辛かったり嫌だなーと思うことが絶対に少なくなりますね!

 

 

     

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る