インフルエンザになって感じた体調管理の大切さ

7~8年振りだと思うのですがインフルエンザに罹りました。

38℃超の熱が5日間下がらず、最高39℃まで上がりほぼ1週間寝込んでいました。

 

私が勤める職場では今年は正月からインフルエンザB型が大流行。

同僚たちが次々とやられる中、倒れた同僚と勤務交代したりしてインフルエンザウイルスが蔓延する職場で黙々と頑張ってきました。

それでもインフルエンザに罹らなかった私。

「しげぼうさんって強いよね!」

と同僚から尊敬(?)の眼差しで見られることもあり悪い気はしませんでした。

「予防していればインフルエンザなんて怖くない!」

なんて思ったりして余裕かましていました。

 

そして2月ももう終わり、もうすぐ春というこの季節、

・インフルエンザのピークは過ぎた

・インフルエンザウイルスが蔓延する空間で過ごしていたのに大丈夫だった

という油断・慢心があったのだと思います。

 

あっさりとインフルエンザB型に罹ってしまいました!

(たぶん電車に乗ったとき)

 

 

もともと私は毎年のように冬場になると風邪をひいて仕事を休んでいるような奴でした。

20代の若さでただの風邪で入院したことがあるほど弱かったのです。

 

周りから「またかよ」みたいな視線で見られるのも嫌でしたが、熱を出して寝込むのが辛かった。

熱でだるいし、喉は痛いし、関節痛で身体は思うように動かないし、咳で苦しいし・・・。

 

だから、毎年同じような辛い思いをするのは嫌なので風邪をひかないために努力をしました。

といってもたいしたことではないのですが、

・手洗い・うがい。

・十分な睡眠、規則正しい生活。

・人込みは極力避ける。

・そして絶対に風邪をひかない!という気持ち。

ありきたりですが気を付けていたのはこんなところでしょうか。

 

でもたったこれだけのことを意識することによって、風邪をひくことも少なくなり仕事を休むこともなくなりました。

毎年のように冬は風邪でダウンしていたのに、最後に風邪で仕事を休んだのは前回インフルエンザに罹った時、たぶん7~8年前だったと思います。

だから、いつの日か、自分が弱いということも忘れて、調子に乗っていたのだと思います。

 

 

私は弱い

 

私が以前のように風邪をひきにくくなったのは、決して強くなったわけではない。

弱いからこそ気を付けてきた結果だと思います。

 

 

今回はしんどくてブログを書くこともできず、貴重な時間を無駄にしてしまいました。

仕事を休むこの機会にブログをどんどん書くぞーなんて思いましたが、だるくて全く頭が働かずとてもブログなんか書けませんでした。

ブログをやるにも体調管理って大事だと思いました。

 

今回の記事は自分への戒め。

自分は弱い・風邪をひきやすいということを忘れずに、今後は体調管理に努めていきます。

 

でも・・・、

こんな状態でも、↓のような毎日のポイントサイト巡りは欠かさずやっていた自分は相当変わった奴なんだと思います。

ポイントサイトで稼ぐには?無料コンテンツで毎日コツコツおすすめの方法

     

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る