iDeCo(イデコ)とは?節税しながら自分で年金を作る最強の資産運用

iDeCoとは?

厚生労働省のサイトを読むと、

iDeCoとは、確定拠出年金法に基づいて実施されている、公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金の1つです。

加入は任意で、ご自身で申し込み、掛金を拠出し、運用方法を選ぶ制度で、掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受け取ることができます。

また、掛金拠出時、運用時、そして給付を受け取る時に、それぞれ税制上の優遇措置が講じられています。

国民年金や厚生年金と組み合わせることで、より豊かな老後生活を送るための一助となります。

このように説明されています。

私なりにもっと簡単に解釈すると、

「自分で作る税金が安くなる年金制度」

ってところでしょうか。

iDeCoは毎月決まった掛け金を積み立てて資産運用し、60歳以降に受け取ることができます。

そして「節税」することもできるのです。

iDeCoで節税できる!

iDeCoは大きく分けて、3つの税制面で優遇された制度です。

①お金を積み立てるとき

掛金(積立てるお金)が全額所得控除となり、所得税・住民税が安くなります。

つまり、資信託や定期預金を積み立てるだけで、普段支払っている税金が安くなります。

②運用によって利益が出たとき(運用益が非課税)

投資によって利益が出た場合、約20%の税金がかかります。

iDeCoだとこの約20%の税金が非課税となります。

③積み立てたお金を受け取るとき

年金として分割で受け取る場合は公的年金等控除が、一時金として一括で受け取る場合は退職所得控除が適用されます。

 

この3つの中でも最も魅力的なのは➀、掛金が全額控除されることだと思います。

いくら節税できるのかおおよその金額はシミュレーションできます。

イデコ公式サイト シミュレーションツール

私もこちらでシミュレーションしてみました。

会社員の私が毎月限度額の23,000円積み立てた場合、年間で55,200円節税できる結果となりました。

 

iDeCoで資産を増やせる!

iDeCoで運用できる金融商品は大きく分けて2つあります。

・元本確保型

・元本変動型

元本が保証されている定期預金や保険で運用することもできますが、より高い利回りが期待できる投資信託で運用することもできます。

元本確保型は、元本が保証されていますが利息はほとんど付きません。

なので前述した「運用益が非課税」となるiDeCoのメリットを活用できません。

元本変動型(投資信託)は元本割れ(資産が減る)のリスクはありますが、資産を増やせる可能性が高いです。

長期間の積立投資ならば必ずプラスになるという金融庁のデータもあります。

金融庁 つみたてNISA早わかりガイドブック Lesson4

利益が出た場合、通常ですと20%の税金がかかりますが、iDeCoなら非課税となるのでこの差は大きいと思います。

毎月1万円ずつ積み立てたとすると、30年後には3,600,000円貯まります。

これを投資信託で年間3%で運用できた場合、5,827,369円に増えます。

約220万円の利益です。通常の投資信託だとここから20%(約44万円)の税金が引かれますが、iDeCoで運用するとこの税金がかかりません。

楽天証券 積立かんたんシミュレーションより

iDeCoのできる人、加入資格

基本的には20歳以上60歳未満の方でしたら、iDeCoを始めることができます。

細かい規定は下の表のとおりです。

イデコ公式サイトより

iDeCoはいくらからできる?

掛け金は月額5,000円~68,000円までとなります。

上限は下の表のように職業によって異なります。

下限は誰でも5,000円です。

金額は年に1回変更することが可能です。

途中でもっと金額を増やしたくなったり、逆に減らしたくなった場合でも変更することができます。

自営業 68,000円
会社員(企業年金なし) 23,000円
会社員(企業年金あり) 12,000円
公務員 12,000円
専業主婦(主婦) 23,000円

iDeCoの受け取り方

60歳になったらiDeCoで積立てたお金を受け取ることができます。

※60歳になるまで引き出せません。

一括で受け取るか、分割で受け取るかを選択できます。

一時金として一括で受け取る

60歳になったら、70歳になるまでの間に一時金として一括で受け取ることができます。

年金として受け取る

5年以上20年以下の期間で年金として(分割で)受け取ることができます。

ここは運用する証券会社によって異なります

例:楽天証券だと5年~20年の間で、1年刻みで選択することができます。

iDeCoの注意点

解約できない

iDeCoは途中で解約できません。(掛金を変更したり停止することはできます)

たとえ失業して収入がなくなって今すぐお金が欲しい状況になったとしても、積立てたお金は60歳まで引き出せません

加入期間は10年必要

60歳から積立てた資金の受け取りが可能ですが、10年以上の運用期間が必要となります。

10年未満の場合は、下のように期間によって受け取れる年齢が異なります。

10年以上⇒60歳から受給可能
8年以上10年未満⇒61歳から受給可能
6年以上8年未満⇒62歳から受給可能
4年以上6年未満⇒63歳から受給可能
2年以上4年未満⇒64歳から受給可能
1月以上2年未満⇒65歳から受給可能

手数料がかかる

iDeCoは次のような手数料がかかります。

・加入時(2,777円)
・国民年金基金連合会(年1,236円)
・事務委託先金融機関(年768円)
・運営管理機関(証券会社や銀行によって異なる)

運営管理費が無料の証券会社もありますが、最低でも初年度は4,781円、翌年からは年額2,004円の手数料が発生します。

 

私がiDeCoをやっていない理由

所得税・住民税を払っている方でしたら、節税になるiDeCoは絶対にオススメだと思います。

私も所得税・住民税を払っているのでiDeCoをやりたいのですが、やっていません。

やりたいけど、私にとっては手続きがとても大変になりそうなのです。

会社員がiDeCoに加入するためには、会社から記入してもらわなければならない書類がありますので会社の証明が必要になります。

周りの同僚に聞いてもイデコ(確定拠出年金)って言葉すら知りませんし、担当部署がどこかもわかりません。

おそらく経理関係の部署だと思うのですが、聞きづらいんですよね・・・。

毎日遅くまで残業していて忙しそうで近寄りがたいし、年末調整などの書類で他の会社では何の問題もなかった細かいところをいちいち突っ込んでくるので、ちょっと苦手です・・・。

仮に書類を書いてもらえたとしても、転職したらまた転職先でもまた書類を書いてもらわなければなりません。

何度も転職をしてきている私にとってはここがものすごくハードルが高いのです・・・。

(今の会社も定年までお世話になるつもりもないですし、いつ辞めるかわかりません)

このような理由で、私はiDeCoをやっていません

 

まとめ

iDeCoの最大のメリットは積立てることによって税金が安くなることです。

前述の通り、会社員の私自身の試算では年間5万円以上もの税金が安くなるのです。

更には運用によって、掛金以上にお金を増やせる可能性が高いです。

(元本割れのリスクがない定期預金で運用することもできます。)

住民税・所得税を払っていて私のようなハードルがないのなら、絶対に利用すべき制度ではないでしょうか。

 

しかし、所得税・住民税を支払っていない専業主婦(夫)の方は、税金控除というiDeCoの最大のメリットを受けられません。

iDeCoだと60歳まで解約できないというデメリットもありますので、iDeCoと同じように運用益が非課税となる「つみたてNISA」のほうがいいと思います。

つみたてNISAについて

平均寿命はどんどん延びています。現在だと男性で80歳、女性で87歳くらいです。

これからは平均寿命が90歳になるとも言われていますね。

長く生きれば生きるほどお金もかかります。

今後は公的年金だけでは必要最低限の生活すらできなくなってくると思われます。

国の優遇制度を使ってお得に「自分年金」を用意して将来に備えましょう!

 

私が利用しているSBI証券楽天証券は運営管理機関手数料は無料です。

     

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る