楽天証券でつみたてNISA 毎日積立で楽天ポイントを稼いで会員ランクも上げる!

「つみたてNISA」の積立てるタイミングには「毎日」と「毎月」があります。

では毎日設定と毎月設定どっちがいいの?

ってことなのですが、実際に検証された方たちのブログを読むと、結果にそんなに大きな差はないようです。

なので積立てるタイミングは「毎日設定」でも「毎月設定」どっちでもいいと思います。

楽天ポイントが貯まる毎日がおすすめ

ですが楽天証券でつみたてNISAをやる場合は、私は毎日積立をおすすめします。

なぜ毎日積立がおすすめなのかというと

楽天ポイントが貯まりやすいから!です。

 

楽天銀行では取引ごとに楽天ポイントが貯まります。

この中の「楽天銀行即時入金サービス」が利用できるのです。

会員ステージがベーシックでも1回の取引で1ポイント、VIP以上でしたら3ポイント貯まります。

毎月積立だと取引(引き落とし)は月に1回ですが、毎日積立ですと月に20日くらい(営業日)ポイントが貯まります。

私の妻は3本のファンドで運用していますので、3取引分のポイントが毎日(営業日)貯まっています。

 

会員ステージがVIPになったので、1回の取引で3ポイント貯まるようになりました。

つみたてNISAで楽天ポイントを貯める手順

・口座開設

楽天会員・楽天銀行・楽天証券それぞれでの会員登録や口座開設が必要です。

楽天会員
楽天銀行
楽天証券

 

・マネーブリッジの設定

楽天銀行と楽天証券を連携させ、マネーブリッジの設定をします。

マネーブリッジの設定方法

 

・ハッピープログラムへエントリー

楽天銀行へログインし、ハッピープログラムにエントリーします。

 

・自動入出金(スイープ)設定

楽天証券で自動入出金(スイープ)設定を行い、楽天証券に残すお金は0に設定します。

自動入出金(スイープ)設定について

楽天証券の残高を0円にしておけば、つみたてNISAの買い付けのたびに楽天銀行から自動入金されます。

 

・つみたてNISAの設定(ファンドの購入)

楽天証券で「つみたてNISA」を行うファンドを選択します。

楽天証券で「つみたてNISA」 商品の選択・積立設定のやり方

 

以上で「楽天銀行即時入金サービス」を利用した「つみたてNISA」の設定は完了です。

補足

マネーブリッジの設定をすると、楽天銀行の普通預金の金利が0.1%になります。

ハッピープログラムで会員ステージが上がるにつれ下の図のとおり、ATM手数料無料・他行振込無料の回数が増え、楽天ポイントが貯まりやすくなります。

なので、楽天銀行・楽天証券の口座を開設したらやっておいたほうが絶対にお得です。

自動入出金(スイープ)設定も、楽天証券へ入金する手間が省けるのでやっておいたほうが便利です。

もちろん、銀行口座には引き落とすだけの残高が必要となります。

 

会員ステージVIPを維持できる

ハッピープログラムで獲得できる楽天ポイントが3倍となるVIPになるためには

100万円以上預けておく

月に20回以上取引する

このどちらかが条件となります。(上の図参照)

つみたてNISAのタイミングを毎日設定にすると、月に20回以上の取引となりますので、これだけで会員ステージがVIPとなります。

※毎月25日終了時点の「お預かり資産残高」または「対象となる商品・サービスの前月1ヶ月分のお取引件数」のどちらかで条件をクリアしている高い方のステージの優遇を翌月の1日から受けることができます。

 

更に楽天ポイントを貯めるには

「楽天銀行即時入金サービス」は1日あたり最大15回までの取引がポイント付与の対象となります。

なので15本のファンドを毎日積立てれば、会員ステージがVIP以上でしたら1日45ポイント貯まります。

取引日(平日)は月に20日くらいあるので、毎月900ポイントくらい貯まる計算になります。

(最低積立金額100円×営業日約20日×ファンド15本で毎月3万円くらいの費用が必要です)

 

私はあくまでも「つみたてNISA」がメインですし、15本のファンドを購入・管理するのが面倒なのでここまでやりませんが、実際にはこのようなやり方も可能です。

楽天さんがもし制度を変更(改悪)してしまったら意味なくなってしまいますしね。

 

これから「つみたてNISA」を始められるのでしたら、このようなやり方もあるということで参考までに。

     

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る