実家暮らしは最強の節約術!親のすねをかじってお金を貯めよう!

結婚するまで実家暮らし

1人暮らしってしたことありますか?

 

私は結婚するまでずーっと実家で暮らしていたので、一人暮らしの経験がありません。

 

就職しても職場が自宅から近かったので、仕事のために一人暮らしをする必要はありませんでした。

 

近所の同年代の人たちがどんどん実家を離れていったりもしていたので、親のすねをかじっているのはなんとなく気まずかったのですが、

 

「どーしても一人暮らしがしたい!」

 

という気持ちもなかったので、ズルズルと結婚するまで実家にお世話になっていました。

実家暮らしだけで節約になる

私は実家暮らしの頃は、とくに節約らしいことは何もしていませんでした。

 

そんな私が言えることは、

 

「実家暮らしをしているだけで節約になる」

 

ということです。

 

私が実家暮らしのときは、毎月5万円ほど家に入れていました。

 

お給料は手取り20万円にも届きませんでしたが、それでも平均すると毎月10万円以上は貯金できていました。

 

これが一人暮らしだった場合は、こんなに貯めることは絶対にできなかったはずです。

 

 

一人暮らしをすると、毎月どんなお金がかかるか考えてみます。

 

ウチのほうは田舎なので家賃はそんなに高くないと思うのですが、それでも駐車場代を含めると、私が毎月家に入れていた5万円よりは高くつきます。

 

他にも光熱費、食費は絶対にかかりますよね?

仕事で遅くなったりしたら自炊するもの難しいでしょうから、外食も多くなり余計に食費がかかると思います。

(そもそも私は料理は苦手・・・)

 

トイレットペーパーや洗剤などの日用品だって、実家暮らしならひとりひとり別々に購入するなんてことはしないと思います。

 

探せばもっとあるかもしれませんが、これらだけでもざっと10万円くらいはかかると思います。

 

私の場合、実家暮らしで家に5万円入れていただけです。

 

つまりその差額の5万円以上が実家暮らしをすることで節約できていたことになります。

 

私は社会人になっても7年くらい実家にいたので、

 

5万円×12ヶ月×7年=420万円!

 

大雑把な試算ですが、最低でもこれだけのお金を実家暮らしをしたことによって節約できたと思われます。

 

それに、一人暮らしをするために家電製品を揃えたり、引っ越し代や敷金礼金などのお金がかかるので初期費用だってかなり必要となります。

 

これらの費用を考えると、もっと多くのお金を実家暮らしをしたことで節約できたと言えます。

実家暮らしでの反省点

私の実家暮らしでの反省点は、投資しなかったことです。

 

私はもともとガンガンお金を使ってしまうようなタイプではなかったので、実家暮らしをしている間にお金は貯まっていきました。

 

預金残高が増えていくのを見るのは楽しかったのですが、今はそれだけではもったいなかったなーって思っています。

 

お金は銀行に預けているだけでしたので、利息はほとんど付きませんでした・・・。

 

そのお金を投資してもっとお金を増やそうという発想は全くありませんでした。

 

投資なんてお金持ちがやることだと思っていたし、損しそうだし、難しそうで自分なんかにはできないと思っていました。

 

でも、投資は少額からでもできるし、投資と全く関係ない業界で働いている普通のサラリーマンでもできるんですよね。

 

「なんでもっと早くからやらなかったんだ」

 

とつくづく思います。

 

後悔しても仕方ないのですが、私がお金が貯まりやすい実家暮らしの頃から投資をやっていたとしたら、日経平均株価に連動する商品で運用していたら1.7倍くらい、ダウ平均株価ならば3倍以上になっているんですよね・・・。

米国株インデックスファンドの投資信託は初心者の資産運用におすすめ

まとめ

社会人になっても実家にいた頃は、親のすねをかじっていることが世間の目もあり肩身が狭かったのですが、今思い返すと結婚するまで実家で暮らしていて良かったと思います。

もし、一人暮らしをしていたら今の私の資産はもっともっと少なかったことでしょう。

 

今は大企業だって潰れてしまう世の中です。

安定してお給料をもらい続けられるとも限りません。

更には少子高齢化で年金がどのくらいもらえるかもわかりません。

 

お金の心配は生涯にわたって常につきまとってくる問題だと思います。

 

なので、今の時代は世間体など気にせずに、お金が貯まりやすい実家暮らしでどんどんお金を貯めていったほうが自分の将来が楽になります。

 

そして、そのお金を投資して更に増やせればなおいいですね。

 

 

家や仕事の事情等で実家暮らしができないのでなければ、実家暮らしがおすすめです。

 

社会人になっても親のすねをかじって暮らすほう断然、経済的です。

 

実家暮らしで浮いたお金を、先のことを考えて将来のために備えたほうが合理的だと思います。

 

     

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る