個別株は難しいので投資信託で分散投資 日産会長逮捕で思うこと

衝撃的なニュースですね。

日産のカルロスゴーン会長が逮捕!

なんでも報酬を50億円も過少申告していたとのことです。

実際は5年間でなんと100億円も報酬をもらっていたらしい・・・。

これが高すぎるかどーかは置いといて、

ちっぽけな個人投資家として気になるのは株価ですね。

このようなビッグニュースがあると、株価は大きく動きます。

日産自動車の株は高配当

私は基本的には投資信託で資産運用しているのですが、

個別株も少しだけ保有しています。

そして、日産自動車の株は気になっていたんですよねー。

日産自動車の配当金って高いんですよ。

しかも近年は配当金増加傾向で、

現在ですと1株につき年間57円です。

更には日産の株価はそれほど高くなく、

1株=1,000円くらいです。(同業界のトヨタは6,700円くらい)

 

株の購入単位は100株なので、

日産自動車の株は10万円くらいで買えるんですよ。

配当金が1株につき57円ですので、10万円で日産自動車の株を100株購入すれば年間5,700円も貰えます。

年利にすると5~6%ですね。

 

大手銀行の定期預金だと0.01%です。

この10万円を銀行に預けたままだとすると、

利息はいったいいくらなんだ?(たったの10円です…)

ということです。

 

自分が手を出せる範囲内+高配当というわけで、

日産自動車の株を買ってもいいかなーなんて思っていました。

大企業でも安心できない

そんなことを思っていたときに今回の事件。

当然、株価は大きく下がっています。

今回のことが引き金となり、今後業績が悪化してしまうという可能性もあります。

そうなると株価はどんどん下がっていく、

更には現在のような高配当が維持できなくなることだって考えられます。

 

日産自動車なんて安定している大企業だと思いませんか?

このような企業でさえ、大ピンチに陥ることだってあるのです。

今のところ2019年3月期の配当は57円の方針のようなので、

株価が下がっている今が買うチャンス!

という考え方もありますが、リスクのほう大きすぎるかなーと私は思っています。

とりあえず、今は購入せずに様子を見ます。

 

このようなことがあると、やっぱり個別株は難しいなーと思います。

もし、日産自動車の株だけに多くの資金をつぎ込んでいたらと思うとゾッとしますね。

投資信託でリスク分散

リスクを減らすには分散投資だと思います。

でもいろいろな個別株を買うためには多くの資金が必要となります。

なので投資信託です。

投資信託って?

投資信託はさまざまな株などが組み込まれています。

日経平均株価に連動することを目指す商品、

さらには世界全体に投資できる商品だってあります。

投資信託のひとつの商品を買うだけでも、たくさんの銘柄に投資することができるのです。

たとえひとつの企業で不測の事態があって株価が暴落しても、

他の銘柄がたくさんあるのでそれほど影響は受けません。

しかも、証券会社によっては100円という少ない資金から購入することができます。

おすすめ証券会社

だからと言って投資信託が100%安全なわけではありませんが、

長期間の投資によって更にリスクは軽減されます。

ど素人がリーマンショックの直前に投資信託を買ってもプラスになったのですから。

リーマンショックのときのこと

 

私はこれから値上がりそうな個別株を選別する目もないので、

今後も投資信託を中心の資産運用を行っていこうと思います。

 

 

     

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る