2018年つみたてNISAの運用実績 1年間積立てを続けた結果

「つみたてNISA」の制度が始まって1年が経過しました。

私は1月から、妻は5月から「つみたてNISA」を始めて1年目が終了しました。

では、つみたてNISAを1年間続けたらどうなったのか?

結果を見てみます。

私が積立てた商品は、SBI・全世界インデックスファンド。

「つみたてNISA」で積立てられる1年間の限度額の40万を使い切りました。

そして、2018年末の評価額は358,885円

-41,152円という結果に終わりました。

 

こちらが妻の2018年の「つみたてNISA」実績です。

年末にスクショ撮り忘れてしまったので、現時点(1/10)での評価額となっています。

2018年に積立てた金額は380,773円でした。

国内・先進国・新興国に均等に積立てましたが、全部大幅なマイナスです。

年末から株価がちょっと上がっていますので、年末時点だともっと多くのマイナスだったはずです。

(年末に確認するのを忘れてしまいました・・・)

 

私も妻も積立てた金額より10%以上少なくなってしまいました・・・。

金額にすると8万円以上ですね。

1年後がゴールとして「つみたてNISA」を始めたとしたら8万円損したということで終了ですね。

利益が出ていないので、投資で得た利益が非課税になる(通常は20.315%の税金がとられます)という「つみたてNISA」の恩恵も受けられません。

 

しかし、「つみたてNISA」は長期的な投資を後押ししてくれる制度です。

金融庁のデータでは長期的な投資では必ずプラスになっています。

出典:金融庁「説明資料」より

 

2018年は世界全体的に株価が下がりました。

「つみたてNISA」で買える商品は100種類以上ありますが、どの商品で積立てても同じような結果になったと思います。

おそらく「つみたてNISA」を始めたほとんどの方々は今のところマイナスなはずです。

でもマイナスだからといって、ここで辞めてしまうことが、一番もったいないと思います。

 

「つみたてNISA」は20年間積立て続けることができます。

まだ20分の1が終わっただけです。

最初の1年がプラスになっていようがマイナスになっていようが一喜一憂する必要はないと思います。

将来的に大きく増えてくれればいいので、私は(妻の分も)2019年も「つみたてNISA」を続けます!

 

「つみたてNISA」を始めるのにオススメな証券会社はこちら↓

投資信託を買うためにおすすめなネット証券会社 SBI証券と楽天証券

     

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る