FP(ファイナンシャルプランナー)2級は難しい?試験を受けた感想

お金のことに詳しくなりたくて始めたファイナンシャルプランナーの勉強。

3級の試験を受けてみたら思いのほか高得点で合格できたので、もしかしたら2級もいけるかも!?

などと欲が出てしまい、調子に乗ってFP2級の試験も申し込んでしまいました。

FP3級って簡単?仕事をしながらでも独学で合格できました。

 

先日FP2級の試験が無事に終わったので、受験した感想を書いてみます。

日本FP協会と金融財政事情研究会(きんざい)

FP2級試験は「FP協会」と「金財」の2つの団体が実施しています。

どちらの試験を受けても合格すれば、FP2級の資格を取得することができます。

じゃあ、どっちで受験したほうがいいの?ということなのですが、

学科試験は「FP協会」「金財」どちらも同じですが実技試験の内容が異なります。

金財は「個人資産相談業務」「中小事業主資産相談業務」「生保顧客資産相談業務」「損保顧客資産相談業務」の4つから1つを選んで回答します。

FP協会は「資産設計提案業務」のみとなります。

金財は狭く深くFP協会は広く浅くといったイメージでしょうか。

どれか得意分野があれば「金財」のほうがいいのかもしれませんが、私には得意分野がない!

ということで私はFP協会主催の試験を受験しました。

腕時計は持って行ったほうがいい

3級を受けた時の受験会場は公共施設の会議室みたいなところで、部屋に時計がありました。

しかし、今回の受験会場はホテルの宴会場?みたいなところで時計がありませんでした。

当たり前ですが試験には制限時間があります。(学科120分・実技90分)

時間がわからないと不安になると思うので、腕時計は持って行ったほうがいいと思います。

私も普段は腕時計はしないのですが受験票に書いてあった試験会場を見て、

もしかしたら部屋に時計がないのでは?

と思い、腕時計を持っていて正解でした。

私は試験時間が足りなく感じたので、もし時計を持っていなかったらかなり焦ったと思います。

時間が足りない!?

3級を受けたときは、学科・実技とも何度も見直す時間がありました。

しかし、2級の試験では時間の余裕はありませんでした。

実技にいたっては記入ミスがないか確認するのが精いっぱい。

90分の時間があったのですが、私は全部の問題を解き終えるまでに80分以上かかりました。

早く終われば途中退出もできるのですが、学科・実技ともに途中退出される方は少なくちらほら程度でした。

私だけでなく他の方も、時間の余裕はあまりなかったのだと思います。

FP2級の試験は難しい?

3級と比べるとハッキリ言ってかなり難しいです。

合格率が低いのも頷けます。

参考:2018年9月FP協会主催の試験結果より

 

3級の試験問題は2択or3択でしたが、2級は4択問題+記述式の問題もあります。

この違いだけでも、運で当たる確率も大きく下がりますね。

そして3級に比べて法人に関する問題が全体的に多いです。

3級の試験は普段の生活に関わるような身近なことに関する問題も多く比較的解きやすかったのですが、法人となると話は別。

普段の仕事は全く関係のないことをしているので、法人となると全くわかりません。

しっかり勉強しないと、3級を受かった程度の知識だけでは合格できないと思います。

過去問をやったほうがいい

出題内容は過去問と似たようなものが多かったです。

過去問をしっかり解けるようになれば、合格が近づくのでは?

という印象でした。

問題集も販売されているのですが、私は日本FP協会で公開されている過去問で勉強しました。

 

FP2級の試験は学科・実技の2種類あり、両方とも6割以上正解で合格となります。

落ちたらまた受けるつもりですが、受験料は手数料込で8,814円。

受験料も安くありませんし覚えたこともどんどん忘れていってしまうでしょうから、一発で合格してほしいというのが本音です。

合格発表日は3月7日(木)です。

さてさて結果はどうなることやら?

 

     

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る