年金で生活するには2,000万円足りない問題について考えてみる

老後資金

最近テレビや新聞、ネットで毎日のようにみかける老後2,000万円問題。

とても残念な展開になっていますね。

先日私も報告書について記事を書きましたが、この気持ちに変わりはありません。

人生100年の蓄えが必要?高齢社会における資産形成・管理

 

私にはなぜ金融庁がパッシングされるのかがわかりません。

選挙の争点化してきちゃったり、デモが起きちゃったり・・・。

なんか違う方向に話が流れてしまっているのでは?と思います。

関心を持つのはいいことだと思うけど、

年金返せ!

老後暮らせるだけの年金払え!

とかいう主張は疑問に思えます。

 

2,000万円足りないということだけ一人歩きしているように思えるのですが、

2,000万円という数字がどういうことなのか?

これは65歳で退職して夫婦で100歳まで生きた場合での試算です。

逆に言えば、2,000万円あれば老後の30~40年は暮らせるよーってことです。

年間50万円くらい自分で出せば、夫婦で100歳まで生活できると考えると安くないですか?

でもこれは厚生年金がもらえる人の平均。

私と同世代の自営業の方が「老後に備えようにも余裕がない」

と訴えている記事を見たときにはゾッとしました。

自営業だったら厚生年金がないのでもっともっと備えが必要だと思うのですが・・・。

 

年金制度ができたころの平均寿命は70歳以下でした。

老後が短かったということですね。

今では平均寿命は大幅に伸びて今後は90歳にもなるかという勢い。

老後の期間が長くなっているので、どんどん年金制度が改悪されていくのは当たり前ではないでしょうか?

そのことを踏まえて、今後の自分の人生を考えていかなければならないと思います。

 

2,000万円という数字はあくまで平均です。

年金がいくらもらえるのか?

将来いくらお金がかかるのか?

というのはみんな違うわけです。

自分がどうなのか?知るには自分で調べるしかないのです。

年金ネットや年金定期便でおおよその年金額や、今まで支払ってきた金額はわかります。

↓私がシミュレーションした時の記事

老後の年金はいくらもらえるのか40代の私がシミュレーションしてみました

毎年家計簿をつけていれば、生活にいくら必要なのかということは見えてくるのではないでしょうか。

 

ぶっちゃけ、2,000万円必要なのか?というのは全く分かりません。

なぜなら何歳まで生きるかわからないからです。

極端な話、引退後すぐに死んじゃうとわかっていれば老後のための貯蓄は必要ないのでは?

長く生きれば生きるほどお金はかかる。

でもいつまで生きるかはわかららない。

金融庁の報告書も現時点での報告書。

年金支給年齢が延ばされたりしたら、もっとお金は必要なわけです。

今後の社会情勢や長生きしちゃったときのことを考えると、2,000万円じゃ私は不安ですね。

だから、資産運用でいまあるお金を増やす努力をしたり、会社以外で収入を得る努力をしたり、年をとっても健康でいられるための努力を続けていきたいと思っています。

     

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る