つみたてNISAを2年続けた結果 2019年末時点での運用成績

「つみたてNISA」の制度が始まって2年が経過しました。

夫婦別々の口座で年間40万円ずつ投資し続けることができました。

では、つみたてNISAを2年間続けたらどうなったのか?

2019年末時点での経過を見てみます。

私が積立てている商品は、SBI・全世界インデックスファンド。

「つみたてNISA」で積立てられる1年間の限度額の40万×2年で80万円積み立てました。

評価損益:+92,647円

 

こちらが妻名義のつみたてNISAです。

2018年は先進国・新興国・日本に均等に、2019年は銘柄を変更して米国株式(S&P500)だけに積み立てました。

(2018年の分も売らずに放置しています)

ややこしくなっちゃいましたが、全部ひっくるめると+87,874円

 

 

こちらは積立じゃないNISA枠で運用している分です。

2017年に限度額の120万円投資して何もせず放置している状態です。

評価損益:+242,995円

NISAという制度を2015年に知って始めてみましたが、現在保有しているのはこの商品だけです。

試行錯誤を繰り返して現在に至っております。

NISAの運用実績 投資信託で3年間(2015~2017年)運用した結果

非課税期間が終わるまではこのまま保有するつもりです。

 

まとめ

夫婦共々利益が大きくなってきました!

NISAを含めて全部足すと40万円以上のプラスです!

ですが今年1年に限れば大きな利益(含み益)となりましたが、昨年はマイナスでした。

2018年つみたてNISAの運用実績 1年間積立てを続けた結果

この時からつみたてNISAを辞めるつもりはありませんでしたが、積立を続けてきて良かったと思っています。

今後も上がったり下がったりを繰り返すでしょうけど、長期的には資産が増えていくことを期待しています。

 

大きな利益になっているのでここで売ってしまって利益確定するのも全然ありだと思いますが、年金だけでは足りないであろう将来のために積み立てているのでこのまま運用を続けます。

もし今後お金がどうしても足りなくなってしまった場合は、いつでも売却することができるのもありがたいですね。

     

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る